21号室

2008年の8/17。 チェルシーの日に、出演した奇形児。 メンバーが集まったからチェルシーの日に出演したのか、チェルシーの日ありきでメンバーが集まったのか、今となっては、どうだったのか、全く覚えていない。 当時のワタシとしては、バンド活動を再開するなんて、思ってもみなかったコト […]

Share information...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

20号室

まるで奇形児のごとく あざけりからかわれて まるで奇形児のごとく 不本意な憐れみをうける 奇形児という存在を 自己証明の手段に用いるアザトイ輩 奇形児という存在を 特別なモノに祭り上げ 己の自尊心を必要以上の 尊厳性で虚飾する狡さ 奇形児の本質のナニをわかっているというのか? 奇 […]

Share information...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

19号室

幾千の勇者が集う兵団に ただ一人の臆病者の躊躇故 兵団の士気は崩壊する たった一人の臆病が 途方もない喪失をもたらす たった一人の臆病が 途方もない喪失をもたらす 臆病に慈悲はいらない 臆病は魔物なのだ 臆病は万物を蝕む 臆病は同情を乞う 臆病は弱者ではない 臆病は堕落だ 臆病は […]

Share information...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook