4号室

夢を見た。
Liveの夢。
会場はライヴハウスではなく、学校の体育館。
いつもそうだ。
夢の中のライヴ会場は、体育館とか古臭い映画館。
ライヴハウスでライヴをやったコトがない。

今朝の夢。
満員の体育館には近所の人達をはじめ、およそ普段オレ達のライヴには無縁の人達の顔が目立つ。
奇形児の前に出演するバンドで、オレが一曲だけ歌うことになった。
そのバンドの曲に、オレの歌える曲は一曲もない。
どうしてこんな夢を見るのだろう?
しかも、股引姿でステージに上がっている!
ある日の夢は、メンバーの弾きだした曲がオレの全く知らない曲!客席は満員!
どうするの?ってトコで目が覚める。
そういえば今朝の夢は、オレがヒロシ君にメチャメチャ叱られているトコロで目が覚めた。
これらの夢は、ナニカの暗示なのだろうか?
オレはLiveが好きだが、いつも言い表せない不安感に付き纏われている。
でも、賢明な人達は知っているハズ。
そんな不安感にうっとりしているもう一人のオレがいるコトを!

2014年11月29日 Yasu

Share information...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook