3号室

前に、奇形児の解散のトキのコトを覚えていない話しをしたけど、結成の頃の記憶も曖昧。
ようするに、加齢的な事情も相まって、昔のコトは何も覚えていないってオチ?
それも味気ない(笑)
時系列的に考えると、タツシとの出会いがスタートかな。
タツシと出会ったのは、その前に、タツシの姉のファイターとの出会いがあって、タツシに辿り着いた。
ヒロシ君やドラムの斎藤君は、誰が連れて来たのかな?
奇形児結成期においては、重要な人物がいる。
たしか、渡辺君っていったかな。
渡辺君のツテで、ヒロシ君やドラムの斎藤君がメンバーになった?
斎藤君と渡辺君がたしか、友達だったのかもしれない。
渡辺君はカメラマン志望で、実際そのようなバイトもしていたと思う。
奇形児がキモノマイハウスでLiveをしていた時期のフライヤーは、全て渡辺君が作っていた。

今思い出しても、本当に渡辺君にはお世話になっていたのだ。
でも気が付くと、渡辺君と疎遠になっていた。
田舎へ帰ったんだっけ?
忘れてしまうものですね、人間って!オレが忘れすぎ?
今もそうだけど、バンドってメンバーのみじゃなく、色々なヒト逹の力を借りて成り立っていくものなのね。

2014年11月26日 Yasu

Share information...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook